電動自転車

電動自転車はかなり高いですがとっても便利です。

車、バイクより安い!

最近、電動自転車が必要になり電動自転車を探しました。

自転車屋さんやホームセンターの自転車売り場を見て回って電動自転車を探して。。。

色々な電動自転車を見て回った結果、154㎝の妻が望んだのは取り回しが楽に感じた24インチの少し小さい電動自転車でした。

理由を聞いたら、26インチはサイズが大きいくて電動自転車だと重かったそうです。
24インチのほうが少し小さいので取り回しが楽だったとか。

逆に、22インチとか、20インチの電動自転車は、買い物行くのに少し不便かなぁ~と感じたそうです。

最終的に、選んだのが、パナソニックのVIVI DX BE-ELD436T チョコブラウンの24インチを購入しました。

  • 電動自転車の買い方おすすめ3選
  • どこで買うのが良いのか?
  • どこで買うと安いのか?

実際に電動自転車を買った体験をシェアしますね。

 

電動自転車の買い方おすすめ3選

電動自転車 viviDX

電動自転車は買った後が大事と考えています。

当ブログでは次の電動自転車の買い方がおすすめです。
1:近所の自転車屋さんで買う
2:ネット通販で買う
3:ホームセンターなどの大型店舗で買う

近所の自転車屋さんで買うメリット

新車の電動自転車は割引があまりありません。
ということは、購入後のメンテナンスの事を考えると近所の自転車屋さんのお客さんになるのが何かと便利です。

近所の自転車屋さんで買うデメリット

割引率は若干低めかも。
相性が合わなければメンテナンスを頼みにくいかも
5年後、10年後にお店を辞めてしまう可能性もあります。

ネット通販で買うメリット

割引率は若干高めかも。
お店でカタログ見て買うようなお店で売っていないお気に入りの自転車をスマホや、パソコンで買いやすい。
サポート店が近くにあれば、実店舗に出向く手間が省ける。

ネット通販のデメリット

実物を見て買えない。
組み立てが必要なときは組み立ての手間がかかる
サポート店が近くにないとメンテナンスしてもらう自転車屋さんを探すのが大変

ホームセンターなどの大型店舗で買うメリット

割引率は若干高め
分割払いでショッピングローンのサポートがある
実物を見て買いやすい

ホームセンターなどの大型店舗で買うデメリット

家から遠いとメンテナンスをしてもらうのがちょっと大変。
お店にお気に入りの自転車がないと結局実物を見ないでカタログで注文することになる。
雨の日、寒い日、暑い日、電動自転車を乗って帰る距離が遠いと乗って帰るのが大変

 

 

電動自転車どこで買うのが良いのか?

電動自転車どこで買うのが良いのか?

電動自転車が欲しいなぁ~と感じてから電動自転車を探し出したのですが、近所の自転車屋さんって、それほど展示用の電動自転車っておいてなかったです。

ググって調べて、ヤマハ、パナソニック、ブリジストン、マルイシサイクルなどの電動自転車のメーカーがありました。

という感じで、はじめは電動自転車をどこで買うのが良いのか?、安いのか?全く分からずに、自転車屋さん、ホームセンターを見て回りました。

良いなぁ~感じたほとんどの電動自転車のモデルは26インチで10万円以上するのばっかりだったのでかなり真剣に選びましたよ。(笑)

自転車屋さんと話していたら新型コロナウイルスの影響で電動自転車は品薄状態だそうです。

多くの人が自転車通勤に切り替えているみたいですね。

好みの色や種類が売り切れているなら次回の製造まで2か月から3か月待つ必要があるのには驚きました。

そういえば、最近は、高校生も大きな荷物を前後のかごに入れた電動自転車で通学しているのを見かけるようになりましたよね。

ホームセンターの自転車屋さんは場所によって、種類も色もかなり多く展示してましたので、一番初めに電動自転車を探しに行くのは近所のホームセンターが良いかもです。

まぁ、ふつうに並んでいる電動自転車を見ているとパナソニックか、ヤマハ、ブリジストンの3択になりますけど。
実際に、見て、触って、電動自転車にまたがしてもらうと良いですよ。

見た目や、色、触った感覚は実際に体験しないとわからないですからね。

高い買い物なのでしっかりと納得して、お気に入りの電動自転車を選ぶのがおすすめです。

なので、一番おすすめなのは、実際に実物をみて、修理や、メンテナンスをお願いしやすい自転車屋さんで買うことです。

でも、近くに、好みの電動自転車を売っている自転車さんや、ホームセンターがないときはインターネットで買うのはどうでしょう。

特におすすめなのはcyma-サイマです。
cyma-サイマなら組み立て済の電動自転車が自宅に届くので梱包をほどいたらすぐに乗れます。

パンクや、普段のメンテナンスは近くの提携自転車店舗の自転車屋にお願いすることもできるので安心です。

お店でパンクCARE(ケア)提携自転車店舗

  • ダイシャリン
  • てるてる
  • カナガキ

随時も提携店舗の拡大を予定だそうです。

管理人おすすめの
ネットで自転車を探す
おすすめはこちら
↓↓↓↓↓

 

電動自転車はどこで買うのが安い?

結論から先にいうと、どこもメーカー小売り希望価格から1割引きくらいが限界っぽいです。

なので、買いやすいところで電動自転車を買うのが良いです。

というのも、今回調べたらそんな感じでした。

簡単に自転車を購入した時の流れをシェアしますね。

実は、電動自転車を実際にホームセンターと自転車屋さんで見比べました。

自転車屋さんにヤマハとパナソニック、ブリジストン、マルイシサイクルと展示している自転車を見せてもらいました。
店舗にない自転車は、カタログで自転車屋さんの店員さんの説明を聞きました。

その時に、26インチの売れ筋の自転車は色も豊富で気に入ったらその場で乗って帰れるくらいの勢いです。
そして、お店独自のキャンペーンがあったので若干割引率が多い感じです。

でも、残念ながら管理人が希望していた24インチの自転車はほとんど在庫がありません。

しかも、パナソニックのVIVI DX BE-ELD436T チョコブラウン(メーカー希望小売価格12万1880円(税込み))という指定でメーカー在庫もない状況でした。

納期はなんと2か月~3か月待ち。。。

普段なら残念という感じで待つのですが、電動自転車がすぐに欲しかったので、インターネットや思いつく自転車屋さんに直接電話して在庫状況と値段を調べまくりました。

サイクルあさひ 、てるてる、ヨドバシカメラ、ビックカメラ、サイクルヒーロー、ドン・キホーテ、コーナン、ロイヤルホームセンター、ダイキ、イオンに電話をかけまくりました。

『おたずねしたいのですが、パナソニックのVIVI DX BE-ELD436T チョコブラウンの24インチの在庫ありますかね?』
『在庫がないです。取り寄せになります。取り寄せはメーカーの次の製造後になるので2~3か月後です。値段は11万5千円~12万1880円(税込み)の間です。』

という感じのやり取りを繰り返しました。

サイクルあさひとサイクルヒーローに在庫があったのですが、サイクルあさひは管理人の家の近くに店舗が無く保留に。
ですが、サイクルヒーローに在庫があり『他の店舗に希望の電動自転車の在庫が1台あるので店舗間移動します』ということでサイクルヒーローで電動自転車を購入しました。

ヒーロー価格で11万7千480円(税込み)

その他防犯登録費用の600円が必要です。

今回調べて分かったのは、メーカー希望小売価格から大きく値引きがないという感じでした。
もちろん、型遅れや、お店のキャンペーンでお安くなることがあるみたいです。

実際に自転車屋さんを回って分かったのが、特にこだわりがなく、その電動自転車が気に入ったならお得ですよ。



自転車屋の場合近くで安いところはあるの?

新品の電動自転車は利益率が結構低いみたいです。
なので、あまり値引きが出来ないようなことを自転車屋さんが言ってました。

ということはですね。

どこで買ってもそんなに値段が安いと感じることはないと思います。

なので、どちらかというと、個人でやっている自転車屋さんでも、チェーン店のような自転車屋さんでもそんなに差がない感じでした。

ですが、個人の自転車屋さんは電動自転車の在庫がほとんどないので、あなたが注文してからメーカーに注文するから納期が1週間~2週間くらいかかるようです。

なので、自分がピンときたところで買うのがよさそうです。

自転車屋が近くにないときは?

自転車屋さんって最近増えましたが、それでもイザというときに見つからないことないですか?

少し前までは、個人でしている自転車屋さんが多かった気がするのですが、令和になってから昔からある個人でやっている自転車屋さんはどんどん減っている気がします。

その代わりに、サイクルあさひ、てるてるのようなチェーン店の自転車屋さんが増えているような。

もし、あなたの近くに、自転車屋さんがないときは、インターネットで電動自転車を買うのはどうでしょう。

電動自転車を通販で買うときのおすすめ

自転車って、自分が住んでいる近くの自転車屋さんで買うのが普通でした。
最近は、自転車屋さんが減っている気がします。

自分が住んでいる地域にピンとくる自転車屋さんがなければ通販で自転車を買うのがよいかも。

というのも、自転車屋さんで10万円以上する自転車を買うときに、一括払いの場合が多いです。

近所の自転車屋さんの実店舗、通販で電動自転車を買う場合はクレジットカードで利用できる分割払いになりました。

ヨドバシ、ビッグカメラ、ホームセンターでは24回払いというようなショッピングローンの選択肢がありましたよ。

状況に応じて使い分けるのがポイントですね。


電動自転車 通販のおすすめ

電動自転車を通販で買えるのを知らなかったのですが、cyma -サイマ-ってコマーシャルしてるんですね。
みやぞんさんと相方さんのあらぽんさんも一緒ですね。
ということはANZEN漫才のコンビでコマーシャルに出ているということですかね。

電動自転車を通販で買うのはちょっと感じたのが第一印象です。

例えば、

  1. 届いたときの組み立て、
  2. メンテナンス
  3. 安全性

など気になって調べたことについてシェアしますね。

電動自転車を通販と組み立てはどうなる?

電動自転車を通販で購入するのって不安でないですか?
ちょっと前までは自転車を通販で買う場合、自宅に自転車が届いてから組み立てる作業が必要でした。
初心者だと絶対無理ですよね。

ですが、最近は違います。
自転車を通販で買うときは2パターンがあります。

■パターン1:最寄りの大手自転車チェーンに通販で買った自転車が届く。

自転車屋さんで自転車を組み立て整備してくれた後に連絡が着ます。
自転車屋さんから連絡があって自転車の納車のために自転車屋さんに行きます。

というパターンと。

■パターン2:サイマのように組み立てられた自転車が自宅に届く。

・どの自転車も全品組立・整備済み
・すぐ乗れる状態で自宅までお届け
・自転車の防犯登録も代行
・購入後の故障が不安な方に、最大6ヶ月の修理保証付き”お店でパンクCARE(ケア)”
・万が一の盗難・事故をサポート”新サイマスタンダード安心パック”
・安心パック加入で、更にロードサービスも無料

電動自転車は買った後のメンテナンスが大事なので家の近くの自転車屋さんと提携しているときは安心です。


電動自転車の通販は安い?

今回調べた結果、電動自転車の場合は通販だからといって劇的に安いという感じではありません。
若干安い印象です。

それでも、電動自転車の種類によってはホームセンターの自転車屋さん、チェーン展開している自転車屋さんとあまり変わらないと思います。

電動自転車を通販で買う場合は、スマホでお気に入りの自転車を探せるのが楽で良いですね。
一般的でない電動自転車なら自転車屋さんに実際に出向いて店員さんに希望を伝えて注文するより通販のほうが買いやすいかもです。

電動自転車を通販するデメリット

基本的にデメリットを感じません。
しいて言えば、実物を見ないで10万円前後する自転車を購入する事でしょうか?

街中で見たことがある自転車とか、自転車屋さんで実物を確認しているなら通販で買った方が手間が減って楽ですね。

実際にお店に出向いて手続きする時間とかけっこう面倒くさかったです。

電動自転車を通販で買った時の修理は?

普通に近所の自転車屋さんにもっていけば他店で買った自転車でも修理してもらえますよ。
なので気にせずに定期的に修理メンテナンスしてもらいましょ。

管理人は他店で買った自転車をメンテナンスしてもらうのはちょっと気が引けました。
なので、最近はなるべく自転車を買ったお店でメンテナンスしてもらうようにしています。

電動自転車を通販で買った時の点検はどうなる?
1か月点検、6か月点検なのどは提携している自転車屋さんにお願いすると無料になります。
でも、近くに提携している自転車屋さんが無い場合は点検が有料になる事があるので注意が必要です。
自転車も、電動自転車もメンテナンスが大事です。
メンテナンスを定期的にしてもらえるところで買うのがおすすめです。

電動自転車を通販で買って店舗で受け取る
電動自転車を通販で買っても実店舗で受け取れるのがベストだと思います。

もし、近くに実店舗があるなら実店舗で注文するのも良いですがそれを通販で買うのはありですね。

もし管理人ならお店の人と仲良くなりたいのでお店で注文すると思いますけどね。
実際に電動自転車を買った時もそうしましたよ。(笑)

お店の人の営業成績になるかもしれないので価格的に同じならお店で買ってあげる方が店員さんに喜ばれるかもです。

電動自転車の通販の人気は?

電動自転車の通販の人気は?

出典:サイマ

cymaのサイトを見ていると人気なのは10万円以下の少しリーズナブルスタンダードタイプのようです。
20インチの少し小さいサイズも少しお安いので人気のようですね。
子供乗せの電動自転車は電動自転車を買うきっかけのような気がします。

電動自転車 通販 24インチはどう?

電動自転車は、バッテリーや、アシスト機構があるのでかなり重いです。
女性は、小柄ですし、力も男性に比べると弱いので小さいサイズを選ぶ方がストレスが少ないかも。

154cmの妻は、26インチと24インチを乗り比べて24インチのほうが取り扱いが楽だったらしく24インチの電動自転車を選びました。

24インチは展示車が少なかったのでお取り寄せになる可能性が高いです。
26インチでも特に問題が無ければ26インチのほうがお手軽かもです。

電動自転車で3人乗りを通販で買える?

電動自転車の三人乗りを通販で買えますよ。

管理人は、2005年ごろにマルイシサイクルの子供乗せの電動自転車に乗ったのが一番初めでした。
前かごが子供用の椅子になるタイプの子供載せ自転車でした。いまのふらっか~ずティーナの電動アシスト版ですね。
前かごに乗せれるのは、パナソニックのギュット・クルームEx とかマルイシサイクルのふらっか~ずアシスト、ブリジストンのビッケ ポーラー eは少し高いけど良いですね。

実店舗の自転車屋さんで前かごに子どもを載せるタイプの3人乗りの電動自転車の実物をみるのは難しいのでひょっとしたら通販で買うほうがお手軽かもです。

電動自転車の選び方

電動自転車の選び方はほんとお気に入りの自転車をいろいろ探すのがポイントです。

今は、Cymaのサイトで自転車屋さんで売ってないような変わったメーカーの自転車まで通販で買えます。
近所の自転車屋さんでパナソニック、ヤマハ、ブリジストン、マルイシサイクルの自転車でピンとこなかったあなたならCymaで気に入った自転車を買うのがあっているのではないでしょうか?

電動自転車パナソニックとヤマハとブリジストンを比較しました。
ホームセンターは敷地面積が大きいので自転車の種類が半端なくたくさんあります。
なので、実物を見たい人は大きなホームセンターの自転車屋さんに電動自転車を見に行くことがおすすめです。

パナソニックとヤマハとブリジストンならほとんどの自転車屋さんに展示車があります。

装備や、デザイン、色は展示してないかもしれませんが、大まかなイメージをつかむことができます。

同じ電動自転車というくくりですが、パナソニック、ヤマハ、ブリジストンと見た目は結構違います。

管理人はパナソニックの電動自転車が気に入りました。

そして、装備もいろいろあるので実際に見たら『これが良い!』って気持ちになれました。

残念ながら在庫が無かったので、インターネットと、自転車屋さんに電話しまくって在庫がある自転車屋さんから電動自転車を買いましたけどね。


電動自転車 おすすめ 選び方


電動自転車のおすすめの選び方は直感です。(笑)

  1. ママチャリの電動自転車が良いのか?
  2. スポーツタイプの電動自転車が良いのか?
  3. 街中で乗っている人がいた電動自転車が良いのか?
  4. 20インチくらいの小さい電動自転車が良いのか?
  5. 子供乗せの電動自転車が良いのか?
  6. 色は何色が良いのか?
  7. 値段は予算の範囲内か?
  8. こだわりのメーカーの電動自転車が良いのか?

まぁ~、それぞれ好みがあるので我がままに自分の気持ちに素直に電動自転車を選びましょう!

今の時代、ネット使えば通販で世界中のメーカーの自転車を買えます。

せっかく高いお金出して電動自転車を買うのですから自分が一生乗りたい!と
感じるくらいほれ込んだ電動自転車を選ぶのがおすすめです。

電動自転車 タイヤ サイズ 選び方

電動自転車 タイヤ サイズ 選び方

最近の電動自転車はいろいろなタイプがあります。

折り畳み自転車の電動自転車や、タイヤが太いタイプの電動自転車。

ママチャリタイプの電動自転車。
子供乗せの電動自転車
ペットを載せるためのかごが付いた電動自転車
長距離乗るためのスポーツタイプの電動自転車
山道を走るマウンテンバイクに電動アシストがついた電動自転車

などなど自分の好みに合わせて変えます。

目的に合わせて最適なタイヤサイズの設計されていますので見た目で選んでよいと思います。

例えば、長距離を走るならタイヤは大きいほうが自転車は比較的楽に前に進みます。

子供乗せの電動自転車なら20インチくらいのが主流になっていますしね。

過去の先輩ママさんの声が生かされた形だと思います。

遊び心がある自転車が欲しいときはタイヤが太くなっている設計になっているので見た目が全然違います。

なので、自分好みで選ぶと良いですよ。

電動自転車の選び方はメーカー指名でも大丈夫?

電動自転車の形はメーカーによって工夫があります。

同じような形でも細かいところはメーカーによって結構違います。

ヤマハのパスや、パナソニックのvivi、ブリジストンのラクット、アシスタ、フロンティアのような人気の車種は乗っている人も多いです。

なので、海外製の少し街中で乗っている人が少ない電動自転車のメーカーを選ぶのも面白いですよね。

電動自転車の選び方はバッテリー基準が良い!?

電動自転車の選び方はバッテリー基準が良い!?

電動自転車はバッテリーが命です。

今は、ほとんどリチウムイオン電池が主流なので迷う選択肢がほとんどなくなりました。

もう、リチウムイオン電池の電動自転車で、走行距離、充電時間を基準にして使い方に不安が無ければ好きな電動自転車を選びましょう。

バッテリーは2年~3年で寿命です。
買い替える金額も3万円~5万円くらい必要ですが、一回は交換することも考慮に入れる必要があります。

電動自転車自体は使い方にもよりますが、8年くらいからが寿命の目安といわれています。

なので、バッテリーは出来るだけ長持ちさせるように取り扱いは気を付けるのが良いですよ。

電動自転車の選び方 高齢者の場合

街を歩いていると高齢者の人が電動自転車に乗っているのをよく見かけます。

26インチの大きい自転車を乗っている人もいますが、20インチ、24インチの小さいサイズの電動自転車の方もみかけます。

年齢を重ねると力もなくなっていくのでなるべくなら小さいサイズの電動自転車を選ぶのが良いかもしれません。

荷物を多く運ぶなら3輪車タイプの電動自転車も出ているのでこけないように3輪車タイプの電動自転車を選択するのもありですね。


電動自転車の選び方 通勤編

電動自転車の選び方 通勤編

電動自転車を通勤で使うのはとてもおすすめです。
その時に見た目重視でクロスバイクやスポーツタイプの電動自転車を選ぶのもありです。

通勤距離が10㎞くらいまでなら好きな自転車で大丈夫です。

ただ一点気を付ける必要があります。

それは、泥除けと、チェーンカバーです。

泥除けがないと雨の日だけでなく、ホコリが結構背中につきます。
そして、チェーンカバーがないとズボンやスカートの裾にチェーンの脂が付くことが多いので気を付けてくださいね。

電動自転車 選び方 ママ編

電動自転車 選び方 ママ編

小さいお子さんがいる時は、3人乗りを想定するのが良いですよ。
子どもが乗っていない時も前後で結構荷物が乗ります。

少しお高くなりますが、子どもの安全にも考慮された設計になっているのでお勧めです。

実は、昔ながらの後付けの前のハンドルに子どもを載せる子どものせを利用しているお母さんが子どもを乗せた時に子どもが落ちて頭を打った人がいました。

この話を聞いたときに、メーカーで子乗せとして販売している電動自転車ならきちんと検証や、実験、強度の設計もされているので安心だなぁ~と感じたことがあります。

子ども乗せの電動自転車を子どもが2歳ころに買って電動自転車の寿命の10年くらいたつとフレームもだいぶがたが着ていると思います。
だんだんフレームがよれてまっすぐ走りにくくなってきていました。

そんな時は、電動自転車を買い替えのはどうでしょう。

前かごのほかに、後ろかごを付けるとおばちゃんぽくなりますが、かなり荷物が乗って便利ですよ。

最近はおしゃれなカゴも多いので昭和のおばちゃんほどおばちゃんぽくないデザインが多いので後ろカゴも考慮に入れてくださいね。

後は、盗難防止用のかご用のカバーを付けるのは必須かも。

電動自転車の選び方 3人乗り編

電動自転車の選び方 3人乗り編

電動自転車の選び方で3人乗りならタイヤは小さいほうが良いですよ。

おそらく子どもを載せるのでバランス崩したらそのまま倒れちゃいます。

でも、小さいタイヤのサイズなら比較的踏ん張れます。

26インチより20インチのほうが地面からの距離も近いですし、重心も低いので運転もしやすいです。

女性は小柄の人も多いので20インチくらいがちょうどよい気がします。
もちろんサドルで調整できるのでお父さんも子ども乗せて自転車を運転できますよ。

  • パナソニック :ギューット
  • ブリジストン :ビッケ
  • マルイシサイクル :ふらっか~ず

お気に入りの形を選んでくださいね。

中古の電動自転車の選び方

電動自転車の中古はバッテリーが劣化している可能性が高いのであまりお勧めでありません。

バッテリーは3万円~5万円ほどします。

それに、電動自転車の寿命自体が8年~10年といわれているのでなるべくなら新車で電動自転車を買うほうが色々お得と思います。

バッテリーの性能も上がっていますし、故障する確率も減りますからね。

それでも予算的に中古車の電動自転車を探す必要がある場合は、リチウムイオン電池の電動自転車を選ぶのがおすすめです。

ニッケル水素電池の電動自転車が少し前まで主流でしたが、バッテリー性能がリチウムイオン電池に比べて落ちるのと、充電にコツが必要です。

新車の電動自転車も5万円ちょっとから買えるのでそんなに値段の差も少ないと思います。

中古の電動自転車でバッテリーを新品にしたらバッテリーだけでも3万円~5万円くらいするのでしっかりと考えて判断してくださいね。

cyma-サイマで自転車の買い方

cyma-サイマで自転車の買い方

出典:サイマ

cyma-サイマの自転車の買い方は、ふつうのネットショッピングと同じです。

好きな自転車を選んで購入ボタンをクリック、そしてショッピングカートにて決済をする。

そうすることで整備済の自転車が自宅に届きます。

後は、提携店でメンテナンスや、パンク修理などをしてもらう感じです。



自分好みの電動自転車を選んだ体験記

自分好みの電動自転車を選んだ体験記

管理人の住んでいる地域は坂が多いです。
なので電動自転車率がかなり高い。

少し前までは原付や、車で移動していましたが、少し不便に感じることも多いです。
子どもが大きくなるとちょこっと近所に出かける時はやはり自転車が便利です。

しかも、ガソリン代が高くなった昨今だと、電動自転車のほうが維持費がかなり安いです。

電動自転車は半径10㎞くらいなら余裕で行動範囲になるくらい楽です。

一度電動自転車に乗ると車の出動回数が結構減ります。

自転車のほうが小回り効いて楽ですし、駐車場を探す手間も減ります。
ガソリン代も節約できますしね。

家族会議でそう決まってからの行動は早かった。(笑)

さっそく、ホームセンターに電動自転車を見に行きました。

すると、ヤマハ、パナソニック、ブリジストンの三択でした。

デザインはこのみがあると思うのですが、我が家が選んだのはパナソニックのvividxの24インチ
なんかデザイン的にビビっと来たみたいです。

26インチはたくさん在庫があって好みの色も在庫があって、キャンペーンで値段も少し割引していました。

けど、取り回しで気に入ったのが24インチだったんです。

長いこと使う電動自転車だから少しでも妥協するのは避けたほうが良いです。

実際にお気に入りだと毎日が楽しくなりましたよ。

電動自転車パナソニックを選んだ理由

デザイン的にピンと来たのが本音です。

電動自転車は同じようなデザインに感じるかもしれませんが細かい部分で結構違います。
カバーとかの雰囲気が良かったのがパナソニックのvivi DXだったんです。

26インチはまたいだ時に少し大きいと感じたので、他の種類になりますが24インチの電動自転車をまたいだときに大きさ的に24インチだと感じました。

逆に20インチは普段買い物で使うにはちょっと小さいかなぁ~と感じました。

なので、サイズや見た目などは実物見て確認するのがおすすめです。

電動自転車パナソニック口コミ

実際に電動自転車のパナソニックは良いところが多いのでおすすめです。

一番気に入ったのはデザインと色。
取り回しの良さ。
バッテリーのもちの良さ。

かごが他のより大きくて網のかごでなかったのがポイントでした。

電動自転車のパナソニックの充電器は使いやすい
電動自転車はバッテリーの充電が必要です。
頻繁に使うものでないですが、パナソニックのバッテリーの充電期は使いやすいです。

パナソニックはバッテリーメーカーとして有名なので安心感がありました。

電動自転車パナソニックバッテリーについて

バッテリー容量が大きいので1回の充電で結構長いこと乗れるのが良いですね。
他のメーカーと比べたわけでないので何とも言えないですが、普段使っている感じで不便はないです。

毎日乗っていますが、買い物がメインなので充電は2か月に一回くらいです。

バッテリーの寿命は?

バッテリーは消耗品なので、バッテリーの寿命は使い方や、保管状況によって変わります。

ふつうは、2年から3年くらいでバッテリー交換が目安のようです。

パナソニックのカタログによりますと3年程度で容量が半分以下になる場合があります。

約700回~900回の充放電でも容量は購入時の半分以下になります。
1回の満充電で走行できる距離が著しく短くなったり、走行できなくなったときはバッテリーの寿命ですので交換が必要となります。

バッテリーが劣化する条件

・放置期間が長く、使用頻度が低いとき
・使用期間が長いとき
・バッテリー残量が少ない状態で長期間放置した時
・高温になる場所で充電を繰り返したり、保管した時

上記のような使い方は避けてくださいね。

電動自転車でバッテリーの盗難に気を付ける方法

バッテリー 盗難 カギ

電動自転車のバッテリーは盗難に気を付ける必要があります。

バッテリーを鍵で取られないようにロックする。
使わないときは、バッテリーを自転車から外して家にもって入る。

バッテリーのカギ穴をこわしてバッテリーを盗難する事件があるので気を付けてくださいね。

まとめ

電動自転車は、子どもが生まれて2歳ぐらいの時に子供乗せの電動自転車を初めて買いました。
2004年くらいの出来事です。

当時は、マルイシとパナソニックが子どもを前かごに乗せれる電動自転車が出だした頃です。

そして、その時に我が家で買ったのがマルイシサイクルの『ふらっかーず』です。

当時は後輪が26インチで前輪が22インチでした。

バッテリーがリチウムイオン電池が出始めたころで、当時の価格で12万円くらいでしたね。
当時は、電動自転車といえばヤマハのパスが主流でした。
そして、バッテリーはニッケル水素電池がほとんどでした。
ニッケル水素電池は、バッテリーの充電にコツが必要です。
コツを間違えると電池の寿命が極端に短くなる
性能的にもリチウムイオン電池が優れています。
今は、リチウムイオン電池が主流になっています。

以前に比べるとパワーアップしているし取り回しも軽くなっているので電動自転車良いですよ。

平坦な道のまちなら良いですが、少しでも坂道があるまちだと必須のアイテムだと思います。

車やバイクよりエコですからね。

購入後のアフターフォローもしっかりしているので、通販でお気に入りの電動自転車を買っても安心して自転車生活を満喫できそうです。

電動自転車をネットの通販で購入するのが不安な気持ちが少しでも改善されたらうれしいです。

もし、電動自転車をネットの通販で買うなら大手のサイマにするのが安心かもです。

管理人おすすめの
ネットで自転車を探す
おすすめはこちら
↓↓↓↓↓


© 2021 電動自転車、バイク、電動キックボードを楽しむブログ ツチヤサイクル